個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれません

2017年4月10日

法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に肉体関係を持つことを不倫と定義しています。
ということは、法律の中では、肉体関係を持っていない場合には、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえません。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。
名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はこれといってないと思って良いでしょう。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しています。

不倫調査という点でいえば、区別して考えることはないでしょう。とはいえ、得意とする分野については業者によって異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的な期間です。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。

一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

初めて探偵社に相談するときは、勇気が要るものです。
相談時に本名を告げるのが怖いというのであれば、名前を明かさずに相談できるところも多いですから、とりあえずそこで相談し、信頼できそうなところだと感じたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすというふうにもできます。よくあるサービス業の対価に比べると、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように思う人が多いようです。

割安だからと安易に業者を頼んだものの、不倫の決定的証拠が得られなかったら、損失は金銭的なものに留まらないですよね。
大事なのは調査の能力の高さですが、すごい料金をとっていても調査能力が高いかというと、それは素人目には判断がつきかねます。

浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。

ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で行う場合が多いです。
再度相談をして調査員の数などの詳細を決めていきます。
もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、自力で不倫の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。
でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料とうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。ですから、不倫をしているなと思ったら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。

ある程度、費用は必要ですが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。
だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由としてもっとも多いのは、浮気が発覚したからだそうです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

最初から興信所や探偵業者などのプロに怪しい点を探ってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。ただ、これは怪しいと気付くのは自分でやらなければいけません。
不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが実に多いのです。

そこから相手に申し訳ないという気持ちが生じたり、先のない不倫という関係に嫌気がさしてきたりするようです。

また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、やましい気持ちもあってか、精算したいという気持ちになるようです。

興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索は、出来高制を採用している場合もあります。浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、一見するとオトクに感じますが、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、調査期間が長引くことが予想される際は断るときもあるそうです。

また逆に成功したときに、意外な高額請求になる場合もあるので注意してください。

食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはお通しの注文数から同席していた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気をしていたと判断する材料になります。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、一人ではなく誰かといたおそれがあります。
探偵の浮気調査の場合でも時には失敗することもあります。
探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証がありえます。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を掴みきれません。

探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことは可能です。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、これはいかなる人でもネット等で購入が可能です。
車両に載せるタイプのGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、いかなる人でも購入できるのは当然です。不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、間違いのない、裏切りの数々を突き付けられるようにしないといけません。

貴方が、探偵に助けを求めるのならば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、貴方に届けてくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、用意してくれるでしょう。

不倫していたことが問題になって家族会議でも離婚話が進展せず、ついに家庭裁判所のお世話になることは、けして珍しいことではありません。
調停の場では家事調停委員を間に入れて話し合いが行われるため、当人同士や親戚内で話し合うよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で体力的にも精神的にも助かります。

気軽に考えていくのがいいでしょう。
成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますと場合によってはそうでないこともあります。
条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。
そのため、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、選んでいる人さえいるのす。

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、不倫相手に裁判を起こしたいと言っているのです。
わからなくもないですが、それには裁判費用が要ると聞いたことがあります。
ちゃんと浮気の証拠を押さえて慰謝料を求めたうえで、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言っておきました。
浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。

認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。

なかなか認知されない場合、家裁に訴えることもできます。
子供なんて出来てしまったら大変ですから、不倫関係を絶っておかなかったら、今後の人生設計にかなりの不利益が生じる可能性があります。興信所に調査を依頼するには、まず、電話で相談してみることからスタートです。電話でスタッフと話してみて、詳細を打合せたいというときは、事業所へ行くという運びになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約を締結し、そこでようやく、探偵による調査が開始されます。

浮気の形跡がSNSを介して見つかることもあります。
コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので注意不足で相手が、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が珍しい事ではありません。
場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を書き込んでいる可能性もあるのです。

相手のアカウントに気づいているのなら調査してみて下さい。

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

それに、依頼する調査の内容次第で支払い額が変わってきます。

追跡して行動を窺うような調査だと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。
それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差は出てくるので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、費用はかさむはずです。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと考える人は多いです。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、男だらけの職場でも用心してかかったほうがいいのです。普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。一緒にいて怪しい点があるときは、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。これから探偵を雇うつもりでいたら、標準的な料金について知っていないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。2時間の調査で2万円超は考えておく必要がありますから、安いものではありません。

時間数が増えてもディスカウントは期待できず、費用負担は増えるだけですから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。
実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、不倫関連の調査です。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で取り上げてみました。

一般的な浮気調査では、依頼人から提供された対象情報を参考に調査対象の追尾を行います。
何日も調査しても経費がかさむだけですから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。
単刀直入に質問してみるといいのです。

普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。だから質問は簡単なほうが良いのです。また、簡単な返事で済むところを、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。

やましいと感じていると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は簡単にわかるものです。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが大事です。たとえば、浮気をやめさせるだけにとどめておくか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかをあきらかにしておかなければなりません。

依頼の内容次第では探偵の調査内容に違いが出てくるわけですから、大事なことです。
調査会社が探偵業務で使用する道具というと、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、昔の発信機と違ってターゲットを見失う危険性が減りました。いまどきのGPSの精度はとても高く、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾調査の精確性は大いに向上します。

ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。

そこで目安になるのは「地域」です。
誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域を意識して、ウェブで検索してみると良いでしょう。

クチコミなども参考にして選んだら、直接電話で話してみることをお勧めします。

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、安心して任せられる業者かもわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。
確証が欲しくて、ウェブで探偵業者について調べてみたら、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。

安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵さんに調査してもらいました。

いくら浮気を疑っていても、決定的な証拠を目の前にすると、がっくりきました。費用を節約して浮気調査をするには、ある程度自分で前もって調査してから調査会社へ依頼することです。
難しい調査ではありません。
ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。
日々の仕事に出掛ける時間、帰宅してきた時間、電話が掛ってきたなら、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。