友人を説得して写真撮影をお願いする

2017年4月10日

27歳の公務員(男)です。
一年前に結婚し、妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。
先週末に突然、同僚の男との浮気が判明。
しかし、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。
以降、口をきいてくれません。
これでは夫婦の意味がないですよね。妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。謝罪も反省もないなら、私にも考えがあります。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査期間は短くなりますので、調査費用は安くなりますよね。といっても、いつ浮気をしているのかを気づいている場合でも、友人を説得して写真撮影をお願いすると、無駄足になることが多いでしょう。ひそかに証拠を握りたいときには探偵を雇うのが賢明でしょう。

例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。浮気が発覚したことで配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になることもありえます。

それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと大きなストレスになってしまうのです。夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を前もって協議します。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。興信所などによって、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。身なりを確認して決定的な浮気の証拠を発見できます。浮気をすると、著しいのは今までとは変わった服装です。それまではお洒落には興味がなかったのに、突然、服装にこだわりができたら注意する必要があるでしょう。これから先浮気をしようとしていたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。浮気を証明する写真といったらやはり、交際相手と一緒にラブホから車で出てくる場面につきるでしょう。

撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になることが少なくありません。
裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を得たいなら、その道のプロである探偵に依頼する方が良いのではないでしょうか。

わけもわからず自分で動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
探偵に依頼する方が、浮気の証拠を確実につかむことができます。

自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。でも、パートナーに詰め寄っても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。
かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、カンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠です。
ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益をもたらしかねませんので、最大限の用心をしつつ調査につくのがプロの探偵です。

浮気の気配を感じたら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、そのような業者が行う無料相談を利用するのがいいでしょう。
浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、いきなり知らない相手に調査を頼むなんていうのは、やはり不安でしょう。安心のために探偵を雇うのですから、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。
探偵社で働くには特別な資格は必要としません。その代わり、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。
そういった教育に配慮がないところでは、教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるという話ですし、格安というところは注意したほうが良いでしょう。金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。
それが、確実な成果につながるのです。

相手の不貞行為が判明した場合は、誰だって頭の中が混乱するものです。
徐々に落ち着きを取り戻してきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。だいたい不倫行為は、した人間の方に責任があるのです。

精神的にはまだまだわだかまりが残るとは思いますが、あなたが苦しんだ分の慰謝料を要求するのは当然のことです。
探偵や興信所といった調査業を始めるときは、とくに決まった資格や免許等は要求されません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出を行い、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、認可された会社(個人も可)になることが不可欠です。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。探偵の相場ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、20万円(4万円で5日間)程度が必要です。費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、なにを依頼するにしても50万から60万円くらいは見ておくと良いでしょう。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、非常に重要な問題だと思います。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。

見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。
それなら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで会ってもらえば話もしやすいでしょう。
意図しない契約を結ばされるといったトラブルを避けることができます。カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビ上の履歴を見ることで、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられます。あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意しなければいけません。そして、よくもしガソリンを入れていたら、車で会っているかもしれません。婚姻中に不貞行為があったために家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停にまで発展するケースもあります。
家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、夫婦やその関係者だけで話し合うより円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。

全国展開している大手業者であっても、最高だとかは言えませんけれども、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと安定した仕事をしてくれるように思います。

小規模な調査会社の中には調査も満足に行わないうちに見積りと全然違う料金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。
そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、依頼する上では参考になるでしょう。

着るものが今までと違った系統になってきたら、よくない兆候です。

浮気相手の趣味に合わせたものであったり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をチョイスしてきたら、かなり浮気の恐れがあります。とりわけセクシーな下着をつけるようになった時、浮気をしていることがありえます。

再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも不倫に走るきっかけになるケースが多いことが知られています。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、学生時代のノリで当初は男女を意識せず、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。

同窓会出席を契機に、挙動が怪しいと感じるようなら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。

知らない探偵社に個人的に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。もし最初から実名で相談するのが嫌でしたら、匿名相談でもオーケーという事業者も存在します。うまく活用して、信用のおける業者であることがわかってきたら、個人情報を明かすという方法もあります。

探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、大幅値引きな価格を提示したり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増えているようです。

とはいえ、オプションがついたりすることもないわけではないので、もしそこに依頼するなら、そういった疑問点を解消し、トラブルにはまらないよう気をつけるようにしましょう。最近はデジタル技術が発達したので、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って容易に把握できるようになりました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが判断できます。マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、独力で浮気を発見するにはGPSを使えば便利だと思います。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、パートナーにしてみれば、浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。そんな不埒な行いを黙認することはありません。浮気の証拠といったら、定番なところではスマホ(携帯電話)でしょう。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。

興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。スタッフが行う調査の内容により、見積り額も変わってくるでしょう。

追跡して行動を窺うような調査だと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。
それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、必然的に費用は多くなります。

浮気をしている事がSNSを通じてばれてしまうこともあります。
SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでついうっかりパートナーが、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事がしばしば見られます。
時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに書き綴っている人もいるのです。相手のアカウントに気づいているのなら検索してみて下さい。

持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で隠し続けていた浮気がバレるという例が多くみられます。

スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っているかもしれません。
ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えて間違いないでしょう。

興信所に不倫調査等を頼む際は、平均的な価格を理解していないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。
おおむね2時間の調査で2万円超は計算しておくと良いでしょう。時間数が増えてもディスカウントは期待できず、支払い額に確実に影響してきますから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。動きを記録しておくことで浮気を実証できる場合もあるのです。
基本的に、日々の行動にはパターンができてくるものです。ところが、浮気をしてしまっていると、その習慣が変わってしまいます。

その曜日や時間帯に着目し、特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の裏付けがしやすくなります。
なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる限り事前に自分で調査してから調査会社へ依頼することです。

難しい調査ではありません。

毎日のパートナーの行動記録を立派な調査なのです。
毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅してきた時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。
浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。パート、PTA、習い事など、女性なりに出会う機会なら色々あり、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。最近は、妻の不倫というのが伸びてきているせいか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は珍しくもなくなってきました。