結婚生活を維持するかどうか

2015年10月15日

探偵社事務所で配偶者を研究してもらったところ浮気が発覚したならば、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。まずは落ち着いて、浮気研究を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。浮気現場の日時がわかっていると、研究が必要とする時間は減るので、研究費用は安くなりますよね。しかし、浮気をしている日時が把握していても、顔見知りにいって証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、多くが失敗するに違いありません。

気づかれずに写真撮影を行うにはプロに任せるのが一番でしょう。夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、小説やドラマでしばしば目にします。
夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺傷沙汰にまでなってしまうストーリーもよく使われます。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも方法としてアリです。
別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめますね。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。最近はメール、LINEで連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。ですから、空き時間に電話することは十分考えられますね。

尾行料金の相場はと言うと、研究員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。
言うまでもありませんが、研究員の数が少なければ安く、多いほど高くなります。また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。探偵社は依頼されたことのみを研究すればいいということではありません。浮気の事実があるのか研究していると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。そういう時に、一番に依頼人のことを最優先に考えてくれるのが信用できる探偵社ということです。

信頼してもいい探偵社なのかは、相談した時の対応などで慎重に判断する事を心掛けてください。

探偵社は依頼するのにお金がいりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、現実とフィクションは違うもので、変に思われず相手を見張り続けるというのは楽なことではないといえます。

勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、探偵社を雇い、浮気研究をした方がいいでしょう。

離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉め事を大きくする可能性があるので、止めるようお願いします。

信頼している人を連れて行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

信頼できる人が同行できないときは、探偵社に依頼するという方法があります。

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を手に入れなければ駄目です。

貴方が、探偵社に助けを求めるのならば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を整えて貰えます。 探偵社が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば購入することが可能です。

追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入できます。

車両に載せるタイプのGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、当然、誰でも購入できます。頻繁に掛かってきたり電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みは大いにあるでしょう。

そういったことに気付いたらその電話をしている相手を割り出せますね。

しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには電話履歴を消していることも多々あり得ることです。探偵社をバイトでしている人のいるときがあるのです。探偵社のアルバイトを探してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。ということは、バイトを使っている探偵社事務所もいくつもあります。浮気研究を頼むときには、個人情報を教える必要があります。バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。

浮気研究の第一段階ですべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

浮気の痕跡が確かでない場合は研究を続行するかどうか、この時点で決定されます。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。主にパートナーの尾行を中心として、あるいは張り込んだり等、パートナーと不実を働いている相手を確認するのです。プロの探偵社に浮気研究を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚の必要性については考えるべきでしょう。特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。
それは男性の場合であっても同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう費用を節約して浮気研究をするには、できる範囲のことは自分で前もって研究してから研究会社へ依頼することです。

難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。
パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な研究なのです。
毎日、出勤していった時間や、帰宅した時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。
レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠を把握することもできる可能性があります。まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけるようになったら、その近辺に普段から何度も行っていることになるのです。
そこで逃さず見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。
不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。

不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵社や興信所に相談するようにしてください。
女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にやってはいけません。まず探偵社について見てみるならば、怪しいと思われることを避けるために充分すぎる注意を払って根気よく調べていきますが、身辺研究・企業研究などを多く依頼される興信所の方は、まず身分を明かしておいて公然と研究を行うことが多いです。探偵社が得意とするのは、個人の行動の研究なのに対し、他方、情報を収集するような研究は興信所が得意と考えることができます。

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に忍ばせ、行動の様子をリアルタイムで監視し、今いる場所をモニターしたり、時間のある時に、データを取り出して様々な分析をすることも可能です。

普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

興信所と探偵社事務所の違いとしては、格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。

浮気研究から身辺研究、違いのない仕事です。ただし、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵社は個人からの依頼が多い傾向です。

日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気の事実を決定づける証拠を手に入れるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵社に依頼しておいた方がトラブルの心配もなく、安心です。そして、探偵社をお願いした場合は、ただ、浮気に関する研究報告をもらうだけでなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを浮気といいます。

ということは、法律の中では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえないということになります。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵社や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。実際の浮気研究では、何人の研究員が必要なのかというと、研究の方法や時間などによって幅がありますが、2人で研究することが多いようです。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、することが多くなります。

浮気をしている証拠をつかんだら、再度相談をして研究員の数などの詳細を決めていきます。身なりを確認して浮気の証拠を見つけられます。浮気をすることで、目に見えて出現してくるのは変化していく服装です。

おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。

これから先浮気をしようとしていたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。
時間によって尾行料金が決まる場合、探偵社の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行うことができます。
したがって、尾行依頼を探偵社にするとすれば、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をお願いすると、探偵社にも余計な手間をかけずに済み、お互いにとってメリットのある依頼になります。料金体系が成功報酬制の探偵社事務所は、研究に成功したケースでしか報酬が得られないという不安があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

そのため、成功報酬のシステムだからと言って、浮気の研究費用が安くなるわけではないのです。

研究に対する実績なども確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵社事務所に依頼することが重要なのです。

探偵社に頼んでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。
配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。しかしながら浮気の証拠を自力で入手しようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性は低くないでしょう。その原因はズバリ、相手があなたの顔を知っているからです。

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵社に頼む時、一般的には、研究員の人数と浮気研究の期間を事前に話し合います。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、研究期間が長期になればなるほど研究費用が高額になるでしょう。

探偵社事務所によっても、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。食事をした際の請求書には定食の数から一緒にいた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気をしていたと判断する材料になります。
ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目を通すようにします。
出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判官が判断します。