豊富な経験から様々なアドバイスをもらえる

2015年10月15日

日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵社にお願いした方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵社をお願いした場合は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
浮気研究してみたところ配偶者が浮気していることが発覚したならば、結婚生活を維持するかどうか迷って決められないですよね。
そうならないように、探偵社事務所に研究を依頼するよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するのがオススメです。

離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをよく考えてから相談するといいでしょう。
不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵社事務所や興信所に相談してください。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂されたくない場合には、絶対にしてはいけません。

探偵社の浮気研究に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費としては研究の際にかかった交通費とか証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、研究時の食事にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。

また、時間給は研究員の人数×研究時間で、計算した費用です。短い期間で浮気研究を終えると支払い額も安くなります。
尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵社の尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。

というわけで、尾行依頼を探偵社にする時には、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵社も尾行することができ、お互いにとってメリットがあります。本人が知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。
浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にはできません。
浮気を探偵社に研究してもらうなら、超小型の機材を使い相手が気づかないうちに鮮明に写真におさめることができます。探偵社に頼んで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、配偶者に発見されてしまう可能性は低くないでしょう。

その原因ははっきりしており、あなたの顔を覚えているからです。

事前に成功報酬と言われていても、仮に、浮気研究について依頼した場合には、研究期間が3日間だったとして3日間で浮気が発覚しなければその研究は成功したということになってしまいます。浮気しているのかは分からないまま、研究中に浮気が見つけられなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、研究は完了し、成功報酬として料金を支払うのです。なんとアルバイトの探偵社がいるときがあるのです。
アルバイト、探偵社で検索すれば、求人情報が表示されます。このように、バイトが仕事をしている探偵社事務所も多くの例があるということです。浮気の研究をお願いする場合には、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。
同一電話番号との連絡を取っていたりまた電話をかけ直していたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。

その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。行動をメモしておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。大抵、人の日々の動き方には決まりができるものです。

ところが、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。
変わった曜日や時間帯を特定することができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の裏付けがしやすくなります。探偵社の仕事は依頼された研究を行えばそれで終わりとは言えません。

浮気の実態を研究し始めると、意外な問題が起こる場合もあります。その時、どれだけ依頼者のことを優先的に思ってくれるような探偵社が信じられる探偵社と言えるでしょう。探偵社が信用できるか否かは、お話を進めるときの印象などで落ち着いて決めてください。探偵社が何もミスをしなくても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気研究が難しくなり、証拠が揃わないこともあります。
いくら探偵社の浮気研究でも、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。失敗した場合の代金についても、契約を交わす際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。
結婚相手の浮気研究を委託する場合、びっくりするするほどに低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、細やかな料金設定がされており、後で追加料金を請求してこないような探偵社会社を選択するのが良いでしょう。

また、探偵社業の許可を取得しているのか前もって確認しておきましょう。法を逸脱した研究をしている探偵社社には委託しない方がよいでしょう。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのはやめるべきです。
浮気の事実を突き止められるとパートナーの感情を逆なでしてしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、ひどくイライラさせられてしまいます。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえてとんでもない修羅場になってしまうのは、小説やドラマでしばしば目にします。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺人にまで到ってしまうシナリオもよくありますね。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもあっていいやり方でしょう。離婚も辞さない覚悟なら、試してもいいと思います。
カーナビにより浮気の事実を証明できます。

カーナビ上の履歴を見ることで、浮気相手と車でデートしたところを見つけられます。
履歴が見慣れない場所であった場合注意しなければいけません。そして、何度ももしガソリンを入れていたら、車によりデートしている可能性があるかもしれません。信頼できる探偵社事務所を選びたいときには、利用者による口コミを調べると安心です。

ここで重要なことは、依頼を検討している探偵社事務所のHPに記載されているような口コミではなくて、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトにアップされている口コミを確認するようにしましょう。その探偵社事務所の純粋な利用者による口コミは、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。尾行料金の相場はと言うと、研究する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。当然のことですが、研究員が1人であれば安く、増えれば増えるほど高くなります。

また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、要確認です。
浮気の根拠を手にするには、最も確実な方法は探偵社に浮気研究を頼むことです。とはいえ、探偵社への研究依頼は研究料金も安くはないですから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。探偵社へ浮気研究を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵社事務所が変われば金額は異なりますので、研究を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。
不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、敵の情報は必要ですし、不倫関係が継続している事を、形として確保しなくてはなりません。しかし、研究のプロである探偵社に依頼したら、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を貴方に届けてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、届けて貰えるのです。

離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、できるだけ避けましょう。

あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵社などに頼んでしまいましょう。浮気をしている事がSNSを通じてばれてしまうこともあります。
SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナーも無意識のうちに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がありがちでは、ないでしょうか。
場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。
相手のアカウントを知ることができるならチェックしてみて下さい。
GPS端末を使い、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。費用のご準備が十分ではないときには、GPS端末で立ち寄る場所を研究するのも、試してみたいやり方です。

GPS装置がつけられていることが知られてしまう恐れもあります。
浮気研究の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。

疑問が確信に変わりきらないケースでは研究を続行するかどうか、この時点で決定されます。
不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを研究したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を確認するのです。浮気研究をプロの探偵社に依頼して証拠を掴むことができても離婚の必要性については考えるべきでしょう。

ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。
養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。着ている服を見て決定的な浮気の証拠を発見できます。浮気をしている人に、分かりやすく現れるのは身なりの変容です。
それまではお洒落には興味がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。この先、浮気に進展しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。
自ら動くより、探偵社に浮気研究を頼む方がいいと思います。専門家である探偵社にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。
だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

探偵社に依頼した仕事が浮気研究だった場合、しっかりとした確証が得られれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気を確定することもできる可能性があります。

まず、普段は利用しないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。

その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。